キャリアアップを知る

キャリアアップを知る

コリトレールには、現場で治療されている先生方が施術業務の他、社内育成指導に関わる研修講師や外部講座講師、
役職者や本部業務を担うスペシャリストとして活躍できる場があります。
“教えることは学び”と言った先生。
“仲間の成長は自身の学び”と言った先生。


役職者関係なく、現場の先生方が自身の研修で苦労した経験や気付き、学びんできた要素を反映し、現場レベルにあわせた内容の研修を現場の先生方が講師を務め、本部と連携し合いながら育成指導にあたっています。
現場の先生が講師を務めているから、配属後も直接アドバイスが聞けたり、悩みがあるときも相談しやすい環境があります。

① 新人研修(マッサージ・接遇)
② 鍼研修
③ 美容鍼研修
④ OJT指導役研修
⑤ 疾患別研修


大西 晃司先生(鍼研修・OJT指導役研修講師)

Q.研修講師として大切にしていることは何ですか?
指導が自分のオリジナルにならず、リウ・メソッドをしっかりと伝承すること。
皆、劉先生の治療を学びたくて来ていますし、最初はなぜそうなるか分からなくても技術、考えを信じて修練していると、必ず治療が出来るようになり結果に繋がります。そのため、劉先生の考えを理解しやすいように伝え、自分のオリジナルにならない指導を心がけています。

Q.現場での施術、指名患者さんの予約調整と大変だと思いますが、講師としてのやりがいを教えてください
正直、患者さんから予約がなかなか取れないことについてご指摘頂くことが増えており、患者さんに対して申し訳ない気持ちになることもあります。
ただ、指導することによって研修生や新人の先生がどんどん成長し、患者さんに満足して頂けた姿を見ていると私自身も褒められているように嬉しく思います。そのような先生が沢山増えてくれることで、「鍼灸難民」と呼ばれる方々に鍼灸の素晴らしさを実感して頂けるようになることにもやりがいを感じています。個人的にはそこからレベルアップして、さらにいろいろな症例に対してディスカッション出来るようになると、自分にとってもいろいろなことを学ばせてくれる師になってくれますし、能力向上のための良いライバルにもなってくれますので頑張って指導しています(笑)

Q.2017年に開始した疾患別研修の感想を教えてください
これまで学んできたアプローチを深く掘り下げた高度な内容になっており、治療のアプローチに関して悩んでいた患者さんの治療に即、実践しました。結果、何人もの患者さんからより効果を実感して頂き、やっぱり劉先生はすごいな…と再認識しました。

三浦 奈奈先生(OJT指導役研修講師)

Q.研修講師として大切にしていることは何ですか?
一方的に聞くでもない、また一方的に教えるでもなく、自分たちのときに指導してもらったように参加者皆が自分で考え、仲間の意見に耳を傾けることができるよう、気づけるような話し方、間の取り方を大切にしています。
回数を重ねるごとに、声の大きさやトーンも大事だと感じています。

Q.現場での施術、指名患者さんの予約調整と大変だと思いますが、講師としてのやりがいを教えてください
研修生や新人たちが将来どう変化し治療家として成長していくか見るのが楽しみです。
私が担当するOJT指導役研修は、後輩が入ってきたときだけでなく、院内のコミュニケーションにおいても活かせる内容なので、研修後、学んだことを活用しているのが見えたときが嬉しく思います。

Q.2017年に開始した疾患別研修の感想を教えてください
キャリアに応じてグループ分けされているのでわかりやすいですし、研修時間内でスタッフ同士話しやすく、劉先生にも聞きやすい環境です。
また、実際の現場で多い疾患について学べるので、店舗に戻って治療にすぐ取り入れられることも学びになっています。
顔面神経麻痺の指導を受けた先生たちが「今までになく楽しかった」と言っていたのを聞いて、早くそのレベルまで到達したいなと思っています。

成島 由海先生(マッサージ研修講師)

Q.研修講師として大切にしていることは何ですか?
リウ・メソッドを伝承しつつ、体格やこれまでの経験による癖を修正しながら、一人一人の個性にあわせたやり方で長所を伸ばして出来ているところは褒めて、やる気を出させるように声掛けをしています。
講師だからと言って上から目線ではなく、鍼灸師として尊重し合い、相手が萎縮しないよう心がけています。
そして何より、治療家として患者さんの命を預かっていることを自覚させ、責任ある仕事なんだと認識させるようにしています。

Q.現場での施術、指名患者さんの予約調整と大変だと思いますが、講師としてのやりがいを教えてください
研修生や新人たちが将来どう変化し治療家として成長していくか見るのが楽しみです。

Q.2017年に開始した疾患別研修の感想を教えてください
これまでにない新しい選穴や手技があるので、患者さんに即実践できる技でとても勉強になっています。

海老沢 康子先生(美容鍼研修講師)

Q.研修講師として大切にしていることは何ですか?
仕事をする上での心構えが身だしなみを表しています。
技術の伝承だけでなく、私たちグループの鍼灸師、治療家として自覚させ、来院される患者さんにまた担当してもらいたいと感じてもらえるよう、治療に対する心構えを指導することを大切にしています。

Q.現場での施術、指名患者さんの予約調整と大変だと思いますが、講師としてのやりがいを教えてください
教えたことが身になり、患者さんから信頼され指名をとれるようになっていくことが何よりうれしく思います。

西村 尚先生(マッサージ研修講師)

Q.研修講師として大切にしていることは何ですか?
リウ・メソッドで教えているマッサージは、学校や他の治療院のものとは少し違います。
いかにひとつひとつのツボに対して効かせるかを意識し、角度や押し方を含め解りやすく、研修生一人一人に合わせた内容で指導できるよう心がけています。

Q.現場での施術、指名患者さんの予約調整と大変だと思いますが、講師としてのやりがいを教えてください
少数で研修を行う場合は短期間で研修を行うこともあります。
その中でも成長を感じられ、研修生自身も成長を実感して、治療としてのマッサージの良さを感じてもらえるときが研修をやっていて良かったと思える瞬間です。
各店舗に配属されて患者様から指名を頂いた時も自分のことのように嬉しいですね。

Q.2017年に開始した疾患別研修の感想を教えてください
長い間コリトレールにいると、同じ疾患の研修を何回か受けることがありますが、毎回内容も更新され新しい気づきを与えてもらえます。
経験年数に応じて劉先生直伝の技を教えてもらうことができますし、研修のたびに日頃の自分の治療を振り返る良い機会でもあると感じています。

治療能力向上のための疾患別研修

2年目以降のスタッフが参加する疾患別研修。
こちらの研修は年次別に行うため、配属先が異なり普段顔を合わせない同期同士が集まりにぎやかな雰囲気の中、開催しています。

マッサージ研修・鍼研修・美容鍼研修と各研修を受けて初めて参加できる疾患別研修は、実際に来院される患者様の多い疾患や整体を駆使したほうが治療効果が高い症状に活かす技術を劉総院長が直接指導する研修でもあります。

初めて知る治療穴、整体や治療の組立を学び身に付けることで、治療のバリエーションを増やし、技術・接遇ともに患者様を納得させる能力強化を図ります。

キャリアに応じた内容になっており、「できるようになること」により結果を出すための実践に活かせる治療能力を身に付けます。