腰痛:鍼灸治療ガイド

【腰痛は人類の宿命!? 国民の8割が腰痛を経験】

腰痛は直立歩行を選んだ人類の宿命だと言われています。

上肢の自由を獲得したことと引き換えに、腰は常に上半身の体重という重い荷物を引き受けなければならなくなったのです。

【腰痛症になりやすい生活環境】

腰痛には内臓疾患によるもの、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症、腰椎の圧迫骨折など脊椎の疾患によるものもありますが、内臓に問題はなく、脊椎に器質的な変化の無い腰痛も多いです。

このような内臓や脊椎の疾患との関連が認められない慢性的な腰痛を、腰痛症と呼びます。

腰痛症は農業など腰を前屈した姿勢で長時間作業をする人、重い荷物を持ちあげる機会の多い仕事に従事する人に発症する頻度が高いです。

一方、椅子に座って頸部を前屈気味にして仕事をするデスクワークの人も、肉体労働の人に負けず劣らず発症の頻度は高いです。

頸部は脊柱起立筋によって腰部ともつながっているので、頸部を前屈して長時間仕事を続けると、背部や腰部の筋肉も長時間引っ張られる結果になり、腰に痛みが現れます(したがって、腰痛症を治療する際には、腰部に施術をする前に必ず後頭部から頸部に施術を施す必要があります)。

また、職業に関わりなく、運動不足によって腹筋や背筋が弱体化して、腰痛に悩まされる場合も少なくありません。

【腰痛症の痛む部位】

腰痛症は、骨盤の腸骨稜(腰下部でベルトの当たるライン)の周囲に常に痛みがあります。

また、腰痛症は仙骨(臀部の中心)のあたりまで鈍痛が生じる場合も多くみられます。

加齢に伴って腰椎下部(第4、第5腰椎)は椎間板が狭窄化して、クッションとしての役割をあまり果たさなくなっているため、この周辺に鈍痛が生じているのです。

一方、腰椎椎間板ヘルニアや坐骨神経痛は腰椎上部(第2、第3腰椎)に痛みが出る場合が多いです。

さらに、腰痛に加え下肢に痺れをともなう場合が多いです。

しかし、慢性腰痛症の場合は下肢に広がる痺れはあまり出現しません。

すでに述べたように、長時間頸部を前屈気味にすることで腰痛を引き起こす場合が多いため、大半の方は頭部後面の下部(髪の生え際、2本の太い筋肉の外側にあるくぼみの辺り)に圧痛点が存在します。

【治療について】

腰痛症の治療においては、腰痛や坐骨神経痛の治療に重要な経穴への施術の他に、膝や股関節を大きく動かし、腰臀部全体を動かす他動運動も重要なポイントと考えます。

痛みのため、当人には困難な運動を他動的に行うことによって、腰臀部の筋肉の緊張を緩め、血液や組織液の循環を良い方向に導くのです。

脊中起立筋とその周囲の筋肉も緊張しているので、いきなり腰臀部に施術するのではなく、まず頚部の経穴を刺激して頚部の筋肉の緊張をほぐし、次に背部の筋肉に施術して、緊張をほぐすことから始めます。

腸骨稜の周辺は痛みが生じる場合が多く、疲れが溜まりやすい部位なので、腸骨稜の周囲の筋肉に対する施術も重要なポイントです。

会議中でもできるマッサージ

圧迫された胃の血液循環を少しでも回復させるには、座った姿勢のまま背筋を伸ばし、胃のあたりを手のひらで、軽くなでるようにマッサージします。

また、会議中に温かい缶コーヒーなどを持ち込むことができれば、腰が痛くなった時のマッサージに利用できます。

イスの背と腰のちょっと上との間に缶コーヒーをはさんで、少し背をそらせるようにして後ろに力を入れます。

温かい缶コーヒーで腰や背中を圧迫すると、指圧効果とともに、お灸をしたときと似たような効果が得られます。

ご相談は、お近くの治療院まで!!

二子玉川ⓇHARI-UPは、法人専用治療院のため、一般の方はご利用になれません。