コリトレールからのお知らせ

コリトレールの社内イベントや鍼灸学校の学生向けセミナー等のご案内、取材を受けた劉総院長の様子など、役職者や採用・広報担当がお届けします。

成長の機会について

大学卒業後、鍼灸師を目指し新大久保にある東洋鍼灸専門学校(夜間部)に通うことを選択したところから、私の鍼灸師への道のりがスタートしました。


鍼灸学生時はインターンとして、フットラブ(現・ハリアップ六本木ヒルズ院リラクゼーション部門)で現場経験を積みながら、実践を通して学ぶ機会を得ました。


施術経験ゼロからリフレクソロジーを学び、3年間働きながら通学し、卒業後、国家資格を取得。
専門学校では解剖学・生理学・病理学・東洋医学・経絡経穴等、これまで見たこともきいたこともない単語が並ぶ専門知識と、様々なことを学ぶ必要があります。
実技の時間は、患者役と施術者役になり、実際に鍼灸治療ができるよう体感しながら学んでいきます。

そうして、あっという間の3年間を終え、鍼灸師となって3年目の現在があります。

現在では、学ぶ側から教える側へ。


私は新人研修の実技、リフレクソロジーの講師を担当しています。


頑張る研修生の姿を見ていると、当時の自分を思い出し、圧の入れ方や手技のポイント等、自分も習得に苦労した経験を通して、わかりやすく個々のレベルにあわせて指導するようにしています。
過去の自分が苦労したことなので、どうすればより良い施術ができるのかも考えてもらうようにしています。


指導側に立つことで、コツコツと頑張ってきた自分、施術経験を積み重ねることができた環境、コミュニケーションの大切さ、そして施術を通してたくさんの人と出会えたことに感謝する機会も増えたように思います。


治療にとって、技術向上大事ですが、色々こと経験することで、アイディアが生まれたり新たな自分発見するきっかけになる。


それが、自分自身成長させたり、誰かのチカラになっていたら幸せ

たくさんの人を「治したい」


これからも、その想いを大切に、夢に向かって前進するのみです。

神田 奈々先生

神田 奈々先生

3年目にしてベテランの先生に並ぶ高いリピート率で患者さんの心をつかむ鍼灸師。 細やかな配慮は治療にも通じており、最近では研修講師としても活躍。

コリトレール株式会社

採用情報