2017 コリトレール忘年会

2017 コリトレール忘年会@六本木ヒルズ バルバッコア

商業施設に出店している私たちにとって、
全店舗スタッフがほぼ開始時間に集まる機会はなかなかないのですが...

今回、新橋エリア、渋谷・六本木エリアで忘年会をしようかと院長会で話していたところ、六本木院の院長 大西先生の「一緒にやろうよ」の一言で一同に予約時間を調整し、皆が21時六本木ヒルズに集合するという、なんとも珍しい事態となって始まりました。
20年目スタッフから、入って間もない研修生まで。
現場に入れば、なんだかずっといるような雰囲気を醸し出して馴染んでる新人に学生スタッフまで。

品数豊富なサラダバーに群がり、目の前でホールスタッフがお肉をスライス。
至れり尽くせりのサービスに甘えっぱなし、食べっぱなし、飲みっぱなしです。

途中のビンゴでは、ちょっとしたクリスマスプレゼントを用意。
飲んで食べるのに夢中と思いきや、あちらこちらから「リーチ!リーチ!」と聞こえる中、まさかの劉先生ビンゴだったり、遅れて登場のスタッフのカードがビンゴだったり。
遅れてくる先輩スタッフの分まで一緒にカードを面倒見てる先生は、食べるのも遊ぶのも一生懸命でいて、その場にいないスタッフへの気配りまで。
見てて気持ちが良いです。
体だけでなく成長してました。涙

オーダーすれば次から次へと目の前に色んな部位のお肉が登場し、お腹いっぱいになった頃にはデザート前が大混雑。
デザートでお腹がいっぱいになって動けなくなった頃に、それぞれの一年を振り返り表彰。

今年4月に仲間入りした中国出身の賈先生
日本語が課題と言ってましたが、研修生期間中に目標数値を見事達成した頑張り屋さん
そして、100万プレイヤーの仲間入りとなった三浦先生と苅込先生

六本木ヒルズやカレッタ汐留、ビルテナントの店舗から企業内と環境が異なる中でがっちり患者さまの気持ちを掴み、結果を出してくれた汐留院 院長の三浦先生と、最近は当日予約が困難になってきた苅込先生。
三浦先生は院長としてまだ数ヶ月ですが、女性視点の丁寧さと「目的と目標」からスタッフひとりひとりと向き合う姿勢がいつの間にかスタッフを巻き込み自発的に行動できる店舗へと成長させてくれました。
これまではマイペースな印象しかなかった苅込先生は、予約でほぼ埋まる日も増えてきた中、時間を見つけては新人の育成指導にも関わり患者目線で事細かく指導。
いつの間にか苅込先生の背中は新人の刺激へと変化させてくれました。

今は三浦先生に代わって院長不在時も頼れる副院長 村田先生が加わり、新人を任せても成長できる環境へと変化させてくれたことが、店舗の成長へと繋がっています

1店舗10名以上のスタッフをまとめるのは大変なこと。

スタッフの個性を活かし、皆が働きやすい環境作りを作っていくこと。

それは施術はもちろん、施術以外のサービスの質の向上にも繋がること。

今年4月、新人研修の学びの場で「仲間の成長は自分の成長」と言った研修生がいました。

チームの良い連鎖を他店舗のスタッフ全員と共有し、繋いでいきます。

インターン経験者のふたり
「鍼灸医療」を浸透させようと劉先生
ハリアップパネル前 23時の集合写真

コリトレールにお問い合わせ

私たちの職場では、日々の臨床経験や定期的な勉強会、症例研究などを通じて、治療技術や接客能力が日々向上していると実感でき、患者さんに喜んで頂けて、治療家としても人間的にも、大きく成長できる機会が豊富にあります。

ぜひご一読頂き、ご不明な点などございましたら、どうぞお気軽に採用担当までご連絡ください。

一緒に切磋琢磨できる素晴らしい仲間が、貴方のご応募をお待ちしています。

この内容で送信します。よろしいですか?